安全・領事・医療情報

出入国の際のご注意

○ アライバル査証について

アゼルバイジャンに入国するには,あらかじめ査証(ビザ)を取得する必要がありますが,2016年2月1日から国際空港(ヘイダル・アリエフ国際空港(バクー)及びギャンジャ空港)において,日本国旅券(一般・外交・公用)所持者に対して,査証(一次有効,滞在期間30日)の発給が開始されました。同査証発給の際は,顔写真は必要ありません。査証料は無料です。国際空港以外の場所、例えば、国境での査証の取得は出来ませんのでご注意ください。

○ ASAN VISAシステムについて

2017年1月10日から,アゼルバイジャンでは30日以内のシングル・ビザをインターネット上にてより簡単に申請・取得するシステムが開始されました。ASAN VISAと呼ばれるこのシステムは,次のホームページにて手続きを行うことができます。
https://evisa.gov.az/en/
このシステムでは,次の3ステップで査証申請・取得ができます。なお、このシステムによる発給にはこれまで3稼働日(休日を除く週日)を要しましたが、2017年8月30日から追加料金を支払い発給までの時間を3時間に短縮することも可能になりました。
(1)申請時にはデータ入力のほかに,有効な旅券の写真がついているページのカラー・データのアップデートが求められます。
(2)電子カード決済にて査証料金の支払いを同ページ上で行います(3稼動日後発給の場合23米ドル、3時間後発給の場合50米ドル)。
(3)申請から上記何れかの所要時間(3稼働日又は3時間)後に,登録した電子メールアドレスにPDFファイルで査証が送られてきます。このPDFファイルを印刷してアゼルバイジャン入国時に旅券と併せて入国審査場で提示します。

※注意点
滞在期間30日以上,数次等の査証については、引き続き,あらかじめアゼルバイジャン大使館で査証を取得してください。アゼルバイジャン大使館での査証申請には顔写真2枚(縦4cm×横3cm)が必要です。

詳細については、アゼルバイジャン外務省またはもよりのアゼルバイジャン大使館にお問い合わせ下さい。

・アゼルバイジャン査証申請書
 

○ 滞在手続きについて

アゼルバイジャンで10日間を超えて滞在する場合は,入国後速やかに滞在先宿泊施設又は移民局で申請手続きを行ってください。滞在の種別により,それぞれ必要な提出書類等が異なりますので,移民局や在京アゼルバイジャン共和国大使館にご確認をお願いします。滞在手続きを怠ると当局から罰金を科せられます。

 

アゼルバイジャン移民局

所在地: 202 Binagadi Highway, 3123 block, Binagadi district, Baku city, Azerbaijan Republic, AZ1114
電 話: (+994 12) 562 56 23
  (+994 12) 562 57 73
  (+994 12) 562 57 74
  (+994 12) 562 57 90
  (+994 12) 562 57 93
  (+994 12) 562 46 82
FAX: (+994 12) 498 01 50
E-mail: info@migration.gov.az
Home Page: www.migration.gov.az (他のサイトにリンクします)