アゼルバイジャンにおける日本語教育

 2017年,アゼルバイジャンにおいて,バクー国立大学及びアゼルバイジャン言語大学に日本語専攻課程があり,バクー市内の第225番中学校においても選択外国語科目として日本語の授業が行われています。
 また,アニメや音楽等日本文化の愛好家の中には,独学で日本語を学んでいる人々も少なくありません。
 当館では,日本語を学ぶ学生達の支援として,国際交流基金日本語教育専門家及びバクー日本人会の協力を得て月例で日本語会話クラブを開催したり,当館館員による日本語での講演を行ったりしています。